授業は余裕!高校教師が選ぶ高校数学のおすすめ参考書と問題集〜基本レベル〜

算数・数学
スポンサーリンク

学校の授業についていくのが大変!もしくは授業レベルの内容を先に予習したい!という高校生におすすめの問題集を紹介したいと思います。

ここで紹介する問題集は、私が自分の生徒にもすすめている市販の問題集になります。

スポンサーリンク

オススメ参考書

スポンサーリンク

数学をひとつひとつわかりやすくシリーズ

たくさんの基本問題を集めた問題集をみてきましたが、こちらが1番いい問題集です。教科書に載っているレベルを80〜100%をカバーしています。(学校が扱っている教科書の難易度によります)

Ⅰ、A、Ⅱ、Bのそれぞれで本が分かれているので、1冊あたりの厚みは薄めです。例や解説はかなりやさしく、予習にも復習にも最適です。

こちらの本で学習をしてから、教科書傍用問題集で学習を進めるといいと思います。

スポンサーリンク

やさしい高校数学シリーズ

created by Rinker
¥1,870 (2020/07/11 23:32:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,310 (2020/07/11 20:54:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,530 (2020/07/11 23:32:42時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは問題集というより参考書。「読み物」としてオススメです。特に、教科書を読んでも理解できない生徒さんにオススメで、やさしい日本語で解説してくれている本です。この1冊にⅠAもしくはⅡB、Ⅲの内容を詰め込んでいるので厚さは結構ありますが、クラスの後ろの本棚に置いてある数学の参考書の中で1番貸し出し率が高かったので、読みやすいのだと思っています。

スポンサーリンク

チャート式 基礎と演習(白チャート)

created by Rinker
¥1,991 (2020/07/11 18:01:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,211 (2020/07/11 18:01:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,980 (2020/07/11 20:54:35時点 Amazon調べ-詳細)

高校数学参考書の定番、チャート式です。受験対策用としては黄か青チャートを使用しますが、基礎の予習復習については白チャートがオススメです。

チャート式の良いところは、問題が厳選されていること、解説が丁寧であること、類題が豊富であることが挙げられます。ですのでそこそこな厚みがあります。

☆参考までに、チャート式の難易度は、白<黄<青<赤です。カバーしているレベルが高く、トップの進学校の生徒でも黄か青を使用するのが一般的です。赤は東大レベルの生徒が使用します。

スポンサーリンク

Z会Asteria

実はこちらは私自身が現在受講しています。中学レベルから大学受験レベルまでの学習が可能です。とても良い教材なので単独で記事を書いています。おすすめです。

オンライン家庭教師よりもZ会Asteria!現役教師おすすめオンライン教材。
コロナウイルスにより時間にゆとりができたため、調査も兼ねてオンライン学習教材で勉強を始めようとZ会Asteria(アステリア)を申し込みました。どちらもオンライン家庭教師とは違い、自分の好きな時間に自分で勉強できるオンライン学習教材です。...
スポンサーリンク

まとめ

まずは騙されたと思って「ひとつひとつわかりやすくシリーズ」を購入して、手をつけてみてください。その易しさと優しさに感動することと思います。

ひとつひとつわかりやすくが簡単すぎてしまった人は、白チャートを購入してみましょう。

やさしい高校数学は読み物としてオススメです。

是非お試しください。

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました