現役教員おすすめ!教員採用試験と小学校教員資格認定試験【専門科目】参考書・問題集

スポンサーリンク
先生になる

教員採用試験の専門科目を勉強するのに、どんな参考書と問題集を使ったらいいのかなぁ。

小学校教員資格認定試験の専門科目は教員採用試験よりも難しいと聞くけれど、同じ参考書・問題集でいいのだろうか?

そんな疑問にお答えします。

この記事を読むと、

  • 教員採用試験の専門科目対策におすすめの参考書・問題集
  • 小学校教員資格認定試験の小学校全科対策におすすめの参考書・問題集
  • 有名な参考書のレビュー

を知ることができます。

 

私は過去に、

  • 小学校教員資格認定試験合格(小学校全科)
  • 公立学校採用試験合格(高等学校数学)

の経験があります。

 

教職教養の参考書・問題集レビューは下の記事からどうぞ。

こちらの記事も読んでおくといいと思います↓

専門教科対策に、月額2,000円でスタディサプリの映像授業を併用するのがオススメです。

小学生〜高校生までの高品質な授業を受け放題です。

また、模擬授業の参考になります。(私は未だに自分の授業の参考に利用しています)

今なら14日間無料体験できます。

>>スタディサプリの無料体験はこちらから

スポンサーリンク

専門教養の有名な参考書・問題集一覧

オープンセサミ(小学校教員資格認定試験・高校で教員採用試験を受ける人におすすめ)

教職教養の方でもご紹介しましたが、東京アカデミーが作っている参考書・問題集。

この本の良いところは、内容が盛りだくさんで細かい知識も身につくところ。参考書と問題集を合わせて買って、それをやり込めば、十分知識がつきます。セサミノートという書き込みノートもあり、併せて使うといいと思います。

高校の教員採用試験や小学校教員資格認定試験に関しては、細かい知識を問うような問題がたくさん出てくるので、オープンセサミがオススメです。中学校の教員採用試験には十分過ぎてしまうかもしれません。カラーで、内容がよくまとめられているので良い参考書・問題集だと思います。

ウサ
ウサ

教員採用試験を受ける方は、

小中学校→らくらくマスター

高校→オープンセサミ

をお勧めします。

小学校教員資格認定試験を受ける方はオープンセサミがいいと思います。

ランナー

オープンセサミとともにロングセラーなのがランナーシリーズです。

内容的にはオープンセサミと同等のボリュームがあります。

実際に見てもらうと分かりやすいのですが、中身がほぼモノクロです。私はカラーのオープンセサミの方が好きなのですが、好みが分かれると思います。

見た目でやる気を削がれるタイプの人はオープンセサミの方が良いと思います。

ウサ
ウサ

ランナーは問題集と参考書がセットになっているという点ではオープンセサミよりいいと思います。

私は中身が合わなかった・・・。

らくらくマスターシリーズ(教員採用試験にかなりオススメ)

この参考書、教職教養の方でもご紹介していますが、本当に大好きな本です。問題集も一緒になっています。

まさに「効率の良さ」を追求した参考書です。

この参考書は、全自治体の過去問を凝縮して、各自治体の試験で何がよく出るかまで記載されています。感心してしまうレベルです。

 教員採用試験だったら、この問題集をやり込めば絶対に合格ラインに届くはずです。

正直、教員採用試験の筆記試験は、小学校教員資格認定試験ほど重たい試験ではないので、オープンセサミやランナーのようなヘビーな参考書をやらなくても、この参考書だけで効率よく合格できると思います。

created by Rinker
実務教育出版
¥1,430 (2021/01/23 03:49:47時点 Amazon調べ-詳細)

他の科目もオススメです。

created by Rinker
実務教育出版
¥1,320 (2021/01/22 14:48:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
実務教育出版
¥1,320 (2021/01/22 21:07:19時点 Amazon調べ-詳細)

協同教育研究会の過去問シリーズ

こちらは過去問題集と過去問から過去の傾向を踏まえた参考書を出している協同教育研究会の本です。よく本屋にあるのはこちらではないでしょうか?結構解説が不親切で、解説を見ながら調べる必要があったりします。私はそれが好きでした。笑

学習指導要領

created by Rinker
¥412 (2021/01/22 14:48:35時点 Amazon調べ-詳細)

当然ながら買っておかなければいけません。揃えておきましょう。Amazonで買うととても安いです。解説も各教科ごとに販売しているので合わせて買っておくといいと思います。

専門教科対策に、月額2,000円でスタディサプリの映像授業を併用するのがオススメです。

小学生〜高校生までの高品質な授業を受け放題です。

また、模擬授業の参考になります。(私は未だに自分の授業の参考に利用しています)

今なら14日間無料体験できます。

>>スタディサプリの無料体験はこちらから

スポンサーリンク

スマホやタブレットを持っている人ならKindle書籍もあり

amazonの回し者でもなんでもありませんが、スマホやタブレットを持っている人は、Kindleでこれらの書籍を買うことをオススメします。

教員採用試験や小学校教員資格認定試験の参考書は厚い、重い、なので持ち歩くのが大変です。Kindleで書籍を買うとかなり割安ですし、かさばりません。私はKindleのタブレット(amazonでプライム会員の人は数千円で買えます)と以下のKindle unlimitedに登録して教育関係の書籍を読み漁っていますが、タブレットの本体代金+月額料金を考慮してもお得だと考えています。

例えば、ランナーはkindleだとかなりお値打ちです。

もともとスマホやタブレットがあればKindleのアプリ(無料)をインストールして、amazonから購入することが可能です。

何と言っても教員になってから重宝しますので、現場の教員でタブレットやKindle端末を持っている人はかなり多いです。英語の書籍の英単語を即時に調べてくれたり、単にマーキングすることも可能です。

私は教員になってから、現場の上司に勧められて購入しましたが、教材研究の役にも立っていますし、アクティブラーニングが推奨されている今、こういった端末を使いこなすことも求められているので、非常に買ってよかったと思っています。

専門教科対策に、月額2,000円でスタディサプリの映像授業を併用するのがオススメです。

小学生〜高校生までの高品質な授業を受け放題です。

また、模擬授業の参考になります。(私は未だに自分の授業の参考に利用しています)

今なら14日間無料体験できます。

>>スタディサプリの無料体験はこちらから

スポンサーリンク

教職教養のオススメ参考書・問題集についてはこちら

スポンサーリンク

面接・集団討論・論文・模擬授業などについてはこちら

スポンサーリンク

私立学校の教員採用試験に関してはこちら

スポンサーリンク

在外教育施設の教員採用試験についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました