これで受かった!教員採用試験と小学校教員資格認定試験、教職教養のオススメ参考書・問題集

公立学校
スポンサーリンク

現役教員の私が教員採用試験と小学校教員資格認定試験に合格した時に検討した参考書のレビューをさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

教職教養の有名な参考書・問題集一覧 

オープンセサミ(小学校教員資格認定試験におすすめ)

教員採用試験の対策講座もやっている東京アカデミーが作っている参考書・問題集。

この本の良いところは、とにかく内容が盛りだくさんなところ。参考書と問題集を合わせて買って、それをやり込めば、十分すぎるくらいの知識がつきます。

小学校教員資格認定試験に関しては、重箱の隅をつつくような問題がたくさん出てくるので、オープンセサミがダントツでオススメです。教員採用試験には十分過ぎるかもしれません。内容も見やすく、かなりまとめられているので良い参考書・問題集です。セサミノートは要点を整理しやすくしたノートなので、余裕があれば買った方がいいと思います。

教職教養ランナー

オープンセサミとともにロングセラーなのが教職教養ランナー。内容的にはオープンセサミと同等のボリュームがあります。

私は中身を見て白目になりました。(実際に見てもらうと分かりやすいのですが、中身がほぼモノクロです。お子ちゃまな私はカラーのオープンセサミの方が好きだと感じたので、即ヤフオクに出品してしまいました)好みは人それぞれですが、見た目でやる気を削がれるタイプの人はオープンセサミの方が良いと思います。

教職教養らくらくマスター(教員採用試験にオススメ)

この参考書、本当に大好きです!!!問題集も一緒になっています。まさに効率の良さ」を追求した参考書です!大好きすぎるので宣伝します。

created by Rinker
実務教育出版
¥1,120 (2020/12/02 12:50:37時点 Amazon調べ-詳細)

  この参考書は、全自治体の過去問を凝縮して、各自治体の試験で何がよく出るかまで記載されています。他にそんな参考書はありません。教員採用試験だったら、この問題集をやり込めば教職教養は絶対に大丈夫です。正直、教員採用試験の筆記試験は、小学校教員資格認定試験ほど重たい試験ではないので、オープンセサミやランナーのようなヘビーな参考書をやらなくても、この参考書だけで効率よく合格できると思います。

  他の科目のものもオススメです。

created by Rinker
実務教育出版
¥3,564 (2020/12/02 15:13:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
実務教育出版
¥1,430 (2020/12/02 12:50:36時点 Amazon調べ-詳細)

教職教養の過去問

こちらは本当の過去問題を集めて解説してくれている本です。こちらの問題集は解説がすこぶる丁寧です。手取り足取り解説してもらいたい人にはオススメです。

スポンサーリンク

スマホやタブレットを持っている人ならKindleで買うべき

amazonの回し者でもなんでもありませんが、スマホやタブレットを持っている人は、Kindleでこれらの書籍を買うことをオススメします。

教員採用試験や小学校教員資格認定試験の参考書は厚い、重い、なので持ち歩くのが大変です。Kindleで書籍を買うとかなり割安ですし、かさばりません。私はKindleのタブレット(amazonでプライム会員の人は数千円で買えます)と以下のKindle unlimitedに登録して教育関係の書籍を読み漁っていますが、タブレットの本体代金+月額料金を考慮してもお得だと考えています。

例えばランナーシリーズの即答型ポケットランナーはKindle版が出ています。

もともとスマホやタブレットがあればKindleのアプリ(無料)をインストールして、amazonから購入することが可能です。

kindle限定の対策本が意外と内容が濃くて役に立ちます。普通の本よりお値打ちです。

created by Rinker
¥500 (2020/12/02 18:13:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,000 (2020/12/02 18:13:08時点 Amazon調べ-詳細)

何と言っても教員になってから重宝しますので、現場の教員でタブレットやKindle端末を持っている人はかなり多いです。英語の書籍の英単語を即時に調べてくれたり、単にマーキングすることも可能です。

スポンサーリンク

専門教科のオススメ参考書・問題集

スポンサーリンク

面接・集団討論・論文・模擬授業などについてはこちらを参考にしてください

スポンサーリンク

私立学校の教員採用試験に関してはこちら

コメント

  1. TA より:

    こんにちは。私も小学校教員資格認定試験を受験したいと思い、色々調べている内にこのブログに辿り着きました。
    大まかで構わないので、1日の勉強時間や受験までの勉強期間など教えていただけないでしょうか。子育て中で中々自分の時間が取れないのですが、チャレンジ出来そうかどうかも含めて今後の参考にさせていただきたいです。

  2. f09847um より:

    TAさん
    私は大学在学中に取得したため、授業で教職教養は習っていました。それも含めると、1日の勉強時間は1時間、勉強期間は1ヶ月です。
    自分でいうのも難ですが、要領がいい方なのと、教員になるために日頃から教育関係の書籍を読んでいたので、知っている事が多かったです。
    ブランクのある方ですと、毎日3-5時間ほど勉強しないといけないのではないかと思います。周りの合格者は5時間ほどと言っている方が多かったです。

  3. TA より:

    お返事が遅くなり申し訳ありません。詳しく教えていただいてありがとうございます。大変参考になりました。ありがとうございました。

  4. f09847um より:

    本当に人によってまちまちで、主婦の方なんかは1年前から毎日3時間、休日は5時間勉強して、3度目の受験で受かったという方もおられました。1発合格をする人は本当に一握りで、最終まで残っていた人の殆どが何度か受験している人でした。

タイトルとURLをコピーしました