海外製の低用量ピル、マーベロンを飲んでいる話。

女性の健康
スポンサーリンク

私は日本にいるときから婦人科で日本のマーベロンを処方してもらっていました。多嚢胞性卵巣症候群という排卵障害があり、普通にしていると月経がほとんど来ないからです。

今回イギリスに引っ越したので、イギリスでマーベロンを買って飲んでいる話をしたいと思います。

本当はイギリスではピルを無料で処方してもらえるのですが、コロナ禍の中、健康なのに病院に行くのが嫌なので、イギリスのネット通販(ネット処方してくれるサイト)を利用して、MSD社のマーベロンを購入しました。

日本ではマーベロンのシート1枚3000円くらいしていましたが、イギリスの通販ではシート6枚で4000円くらいです。

スポンサーリンク

海外製マーベロン21の見た目

サイトによって、シートの言語はさまざまですが、基本的にデザインはほぼ同じです。

日本製マーベロン21

まずは日本製のマーベロン21。

曜日と製品名が英語で書いてあるだけで、基本的には他の国のマーベロンと同じデザインになっています。

次に私がイギリスで購入したマーベロン21。

小袋に入った状態で届きます。

マーベロンの小袋
イギリスで買ったマーベロン

袋を開封すると、日本製のマーベロン21と同じデザインで、曜日が英語になったものが入っていました。

当然ながら、中身も同じです。

海外製だから成分が違う、ということはないようです。

日本では偽薬入りのマーベロン28を処方するところも多いと思いますが、海外は21が主流で、28の取り扱いが少ないようです。

スポンサーリンク

海外製マーベロンの作用・副作用

私はいつも日本製マーベロンだと、1シート全て飲み切ってから3・4日目くらいに生理が来ていました。海外製マーベロンでも全く同じように生理がきます。

副作用についても、日本製マーベロンで副作用を全く感じていなかったので、海外製のマーベロンでも感じることはありません。

つまり、全く同じものだということです。

日本では毎日同じ時間にピルを飲むことをかなりうるさく言われた記憶がありますが、海外では毎日同じ時間に飲むのが理想だけど、朝昼夕のどこで飲むかを決めて、それを守り続ければ大丈夫だと言われました。

飲み忘れがないように、ピルを管理するアプリを入れるといいと言われたので、my Pillというアプリを入れました。日本語版もありますが、リマインダーとして素晴らしいです。

スポンサーリンク

個人輸入はやめた方がいい

海外製マーベロンをGoogle検索すると、個人で輸入している方が書いた記事が上がってきますが、個人輸入するのはやめた方がいいと思っています。

ピルは副作用が出やすい薬で、血栓症などのリスクもあります。個人輸入した薬は健康被害があったとしてもその保証をしません。自己責任となります。

また、偽造製品の可能性もあり、メリットよりもデメリットの方が多いと思います。

メリットは安いだけ、だと思います。イギリスの通販でもオンライン処方と言って医師の処方を受けてから購入する形になるので、処方なしで購入するのはリスクが高いと思います。

海外在住の方に向けて、海外で処方されるマーベロンは安心だよということを伝えたい記事になりますので、日本国内在住の方は日本の処方を受けて飲んだ方がいいと思います。

スポンサーリンク

日本在住者で、病院に行く手間が嫌ならスマルナ利用がオススメ

スマルナは、スマホでピル処方をしてくれる日本国内のサービスです。

私も日本に住んでいた時、このスマルナのサービスがとても便利で利用していました。

アプリ内の診察室で医師が診察からピルの処方まで行い、自分の症状に合ったピルを処方してもらえます。忙しくて病院に行く時間が取れない人にも便利です。

スマホ1つで診察ができるので、 場所や時間を問わず受診することができ、最短翌日にピルやアフターピルが郵送で届きます。

医師や薬剤師、看護師とのやりとりは、ビデオ通話だけではなく、LINEのようなテキストチャットでも可能なので生理やセックス、 性の悩みなど、なかなか聞けないデリケートなことも、気軽に相談できます。

ピルが届いてからのアフターケアまでしっかりしているので、「ネット上の病院」として気軽に利用することができるのが最大のメリットだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました