ずっと執着していた元彼への執着がなくなった。手放した。

スポンサーリンク
女性の悩み
ウサ
ウサ

別れた元彼への執着をなくしたい。ずっと元彼のことばかり考えてモヤモヤしてしまう。

そんな人に共感してもらえる記事です。

こんにちは、ウサ(@usab1og)です!

この記事では、

  • 私が2020年6月に別れた元彼にずっと執着していたこと
  • 2021年1月に「執着がなくなった」ということを実感できたこと
  • 8ヶ月で執着を手放した過程について

書いていきます。

この記事は、楽に執着を手放す方法や、素早く執着をなくす方法について書くわけではなく、私自身がみっともない姿をさらしながら執着を手放していった全貌を書いています。

 

正直私は、スパッと自分の感情を断ち切って切り替えていけるような人間ではありません。

学生時代に振られた全ての恋愛、元夫と離婚する時、今回の元彼に振られた時、全部引きずって、苦しんで、執着に悩みました。

スポンサーリンク

元彼について

元彼は約10歳年下の学生でした。

自分が年下と付き合うなんて思いもしなかったのですが、元夫と離婚するかどうか悩んでいるときに話を聞いてもらっているうちに、好きになってしまったのでした。

相手から告白されたので、2020年の1月から付き合っていました。

外見も性格も元夫に似ていて、私と元夫のことを知る親友たちは「やめておきなよ」と散々私のことを止めてくれたのですが、恋愛感情はどうにもならないのでそのまま突っ走りました。

2020年の4月、私が転職して勤務時間が変わったことにより、なかなか会うことができなくなりました。元彼の様子がおかしいな、と女の勘が働いていたので、尽くしまくっていたのですが、6月に振られてしまいました。

振られた直後、共通の友人から、元彼が2人の女性(しかも私も知っている人)と浮気していた事実が発覚しました。私は捨てられたのです。

悔しさと、悲しさと、絶望が込み上げてきて、なんともいえない苦しみにさいなまれました。

この元彼は下の記事に出てくるHくんです。

Hくんと付き合う前は、長年付き合って結婚した元夫と離婚するかどうかでかなり苦しんでいました。

スポンサーリンク

執着した私の行動

恥ずかしいですが、正直に書いていきたいと思います。

6月

大人げないけれど復讐した

浮気の事実、自分が捨てられた事実、かなり歳下の男性にハマってしまった事実というようないろんな事実に、悔しさが込み上げてきて、復讐心が膨らみました。

好きだから復縁をしたいという気持ちよりも、元彼だけ幸せな思いをしていることが許せないという気持ちが大きかったので、私は縁が切れてもいいからと復讐をしました。

復讐といっても、浮気相手が2人とも知人だったので、私と付き合っていたことを彼女たちに伝えて、期間も被っていると教えたのです。見事に彼は全員から見放されました。(私にキレていました)

自分に非常事態宣言を出した

元夫にしてもらいたかったことを全部元彼に実現してもらおうとしていた部分がありました。

正直、元夫と離婚するときは元彼に気持ちが移っていたので苦しまなかったのですが、元彼に振られた時は元夫と元彼の2人に振られたような気持ちになりました。

どっぷりと依存していたので、麻薬常用者から麻薬を取り上げたような、禁断症状のような状態になってしまっていたのです。(その状態で復讐した自分がすごい笑)

 

もうね、普通に生きているのが辛かったので、

自分に非常事態宣言を出しました。

 

お恨み帳をかいた

物騒な名前ですよね!笑

でも、自分の中にモヤモヤ溜まっている感情をどこかに吐き出したかったので、Macのメモ帳にドバーッと恨み辛みを書きました。

恥ずかしいけれど、全文を載せます。

長いので適当に読み飛ばしてください。私のブチギレ具合を見てください。笑

これ、今読み直すと、

あ〜私元彼のことすごく見下してたな、って思うんです。そりゃ上手くいかないよ。

尊敬できない人だったから別れたんだなぁと思いました。

嘘をついて女と遊んだ

私と付き合っているのに××に告白したことを隠したまま付き合っていた

何を送っても「うん」「なるほど」「そーなの」しかこない

私との話し合い中に××と遊びだした

私の知らないところで女に連絡しまくっていた

プレゼントはもらうが絶対にお返しをしない

私があげた帽子を弟にあげていた

適当に謝るだけ

誕生日にキレられて祝ってもらえなかった

付き合っている気がしなかったと言われた、だから浮気をしたらしい

別れ際も気になっている子がいると言ってきた、その相手知っているけどな

女遊びを正当化するために束縛が激しいと散々言われた

とにかく傷つけるようなことしかされなかった

好きかどうかわからないと散々言われた

何様なんだ!!!!!!!!!!!!!

くそむかつく

他人から八方美人って言われるんですってよく言っていたが、八方美人じゃなくて「外面のいい嘘つき男」だろうが

人からもらったものを大切にできない奴は、人を大切にできない

やっぱりな!!!!!!!!!!!!!!!!

こっちがなんでも許してあげてきるのに、最後は「いやもう付き合えません」?どうせ新しい女ともうまく行かねーよ

せいぜい捨てられて後悔しろ

私が浮気されて離婚したって知っているはずなのに

浮気して別れるとか最低すぎるやろ

プレゼントをあげても文句しかない

いちいち嫌味な言い方をしてくる「どうにか頑張って付き合ったけど」とか

しっくりこないとかお前に言われたくない

私の自己肯定感を下げやがって!!!

っていうか共通の友人に嫌われていることに気づいていないのやばすぎる

たくさん嫌われて後悔すればいい

というか、女好き過ぎて病気だわ

一生治らない病気ですね

嫌われて気づけばいい

ウサ
ウサ

自分で読んでも怖いわぁ〜恨みがすごいわぁ〜怖い怖い。

親友に泣きついた

私には親友が何人かいますが、全ての親友と言える人たちに泣きつきました。

ウサ
ウサ

振られた〜浮気された〜無理〜どうしよう〜苦しい〜・・・

毎日毎日親友たちに泣きついて話を聞いてもらいました。

親友
親友

だから「やめとけ」って言ったのに〜笑

と言いつつ、ずっと私の話を聞いてくれました。優しい。大好き。

自分を責めまくった

なんであの時〇〇しなかったのか?と自分を激しく責めました。

自分を責めるのは良くないとわかっていても、責めてしまいましたね。

今思うと相手の非が大きすぎて反省することなんてほとんどないのですが、この時期は四六時中反省していました。

連絡を取ることがやめられなかった

復讐をしておきながら、連絡を取ることをやめられませんでした。

元彼もなぜか連絡を返してくれたので、復讐をしたのになぜか連絡を取り続けてしまうという意味のわからない状況が続きました。

ウサ
ウサ

いやいや連絡とるのやめとけよ!と思われるかもしれないのですが、それができなかったんですよね。

7月

沖縄へ傷心旅行に行った

リモートワークをしていたので、沖縄に3週間弱、一人旅に行ってきました。

かなり思い切ったと思います。

6月はずっと実家にいたので、泣ける時間もありませんでした。

沖縄の民宿に1人で泊まったので、観光だけではなくて1人で考える時間、泣ける時間、好きなことをする時間ができました。

ウサ
ウサ

沖縄の高速道路で気分よく飛ばしすぎて、オービスで速度違反を取られました(泣)10万円くらい支払いました。いい思い出。笑

いい気分転換になりました。

親友たちに泣きつくのは継続

沖縄に行っても、親友たちには泣きついていました。

何度も同じことを話すので、絶対に呆れられていますが、私の恋愛への執着度合いをよく知っている人たちなので根気よく付き合ってもらいました。

オンライン飲み会を開いてもらったこともありました。大好き。

それでもやはり連絡を取り続けていた

沖縄に行っても、帰ってきても、ずっと連絡を取り続けていました。

今思うとなんでそんなに毎日元彼と連絡を取りたかったのかわからないのですが、連絡を取らずにはいられませんでした。

連絡を取れることが嬉しかったですし、SNSも全て繋がっていました。

8月

マッチングアプリを始めた

恋の辛さを忘れるには、新しい恋を!ということで、マッチングアプリのペアーズに登録しました。

登録した瞬間に「いいね」がたくさんきて、いろんな男性とマッチングできました。

ギリギリ20代だったからですかね。笑

結局、元彼と元夫と同じような条件で検索をかけて、そこでマッチングした人と5回くらいデートしましたが、元彼への執着が消えていなかったので恋愛感情が芽生えず、そこでやめました。

ウサ
ウサ

でも本気で婚活するなら、マッチングアプリはありだなぁと思いました。

思ってた以上に連絡が来るし、会うことができます。本気の人が多かった。

親友と旅行しまくった

9月にイギリスに移住して働くことが確定したので、コロナ禍で近場の温泉など気を遣いながらでしたが、友達とたくさん旅行をしました。

これもかなり気分転換になりましたし、美味しいものを食べられてよかったです。

でも旅行の間も元彼と連絡とっていました。ごめんよ親友たち。大好き。

まだまだ連絡は取っていた

この頃も連絡は取っていました。

だいぶ6月の復讐モードは落ち着いて、元彼から相談を受けるようになっていました。(人間関係)

頼られている感が心地よくて余計に連絡を取ってしまいましたね。

9月

イギリスに移住した

本当は4月の予定だったのですが、後ろ倒しになり9月に渡英しました。

初めての海外暮らしで、時差が8〜9時間ということで、日本にいる人たちと連絡を取りにくくなりました。

1人で過ごす時間、誰とも連絡を取らない時間が増えて、元彼のことを思い出してはイライラするというのに苦しんでいました。

また、元彼にもらったものを捨てられず、こともあろうかイギリスに持っていきました。笑

仕事がほどよく忙しくて生活が充実していた

仕事がリモートワークではなくなり、対面になったので、充実感が増しました。

恋愛に使っていたエネルギーが仕事にまわるようになったので、少し楽になった自覚がありました。

SNSに依存した

Instagramで彼や彼との共通の友人と繋がっていたので、ずっとInstagramを眺めていました。

自分が何か載せたら元彼に見てもらえるかな?なんて思いながら使っていました。

彼の様子を知ることができるということに安心?を感じていました。

連絡をやめられない

連絡をするのをやめたいと思いつつ、やめられなかったです。

話していることに安心感がありました。

ずっと連絡を取り続けていましたね。

10月

親友たちに継続して話を聞いてもらう

根気強い親友たち。

毎日毎日私の話を聞いてくれました。

親友
親友

早く元彼と連絡取るのをやめなよ〜

と言いながらも、私の元彼話に付き合ってくれました。ありがとう親友。大好き。

元彼との共通の友人から連絡が来た

共通の友人
共通の友人

ウサさん、もう元彼と関わるのやめた方がいいよ。

あいつ、ウサさんと付き合ったことをなかったことにして、新しい女と付き合い始めた。みんなあいつに呆れてるから、もうやめた方がいいよ。

ウサ
ウサ

えええ?!なかったことに?!

っていうかその女、私知り合いなんだけど・・・

ということがあり、これが私の中で

元彼を手放せるきっかけとなった出来事

でした。

自分でもびっくりしたのですが、このやりとりの後すぐに以下の行動を取ったのです。

SNSは全てブロックしてアプリごと消し、LINEはブロックした

ウサ
ウサ

うーん、なんかもう無理だ、だめだ、これは離れないと自分が傷つくわ。

今更かーい!

と突っ込みたいところですが、急にそう思ったんです。

Instagram、Twitter、Facebookは全てブロックして、スマホからアプリを消しました。

なぜアプリを消したかというと、

元彼との共通の友人の投稿から元彼の情報が入ってきてしまうからです。

そうしないと、連絡を取りたくなるかもしれないし、嫌な思いをするかもしれないと思いました。

LINEもブロックしました。

ウサ
ウサ

私と付き合ったことをなかったことにしているらしいけど、周りの人にその嘘をついていることがバレているよ。なんだか残念です。

とだけ送って、ブロックしました。

ブロックすれば相手から何かが届くことがないから、自分が期待する必要もなくなると思ったからです。

元彼を連想させるものは全て捨てた

10個くらいイギリスに思い出の品を持ってきていました。

 

全部捨てました。笑

 

これ効果ないと思っていたのですが、効果絶大でしたね。一気に思い出さなくなりました。

また復讐したい気持ちになった

新しい女が自分の知り合いというのは本当に嫌ですね。顔が分かるだけで付き合っている姿をイメージできてしまいますし、すごく辛かったです。

また復讐したい気持ちになりましたが、正直相手の女性も「程度の低い女」だと思っている人だったので「お似合いかも」と思ってしまいました。

ここで復讐したらその程度の低い女より程度が低くなるなと思っていたら復讐心は無くなりました。

何度もその女の顔が夢に出てきて辛かったです。

11月

放置していたブログを書き始めた

元彼と連絡を取るのをやめたり、SNSを見るのをやめたりしたら、親友に連絡する時間も減り、かなり自分で自由に使える時間が増えました。

なんとなく

ウサ
ウサ

そういえばブログを長いこと放置してたなぁ。

私の離婚話や恋愛話はネタになりそうだから、書いてみるかな。

と思い始めて、このブログを書くことにしました。

その結果、離婚話の記事が12月にTwitterでバズり、今では趣味になっています。笑

将来について考えるようになった

ずっと教員として働いていますが、私は組織の中で働くことが本当に肌に合わないと思っています。

いつか働き方を変えなければいけないと思っていたのですが、これまで具体的に考えたことはありませんでした。

また、絶対に再婚したいと思っているのですが、失敗を繰り返しているのでそのことについても向き合っていませんでした。

ウサ
ウサ

将来は、ブログ収入+教員(非常勤)+カウンセラーで生計を立てたいな〜

イギリスで土台を作って、日本に戻るときに婚活するぞ〜

と決めたのもこの頃です。この時の決意がなければ、今この記事も書いていません。

元彼を思い出してはイライラ

関わりを絶ったからといって、忘れられるわけではありません。

暇なときには思い出してしまって、相手の女と幸せそうにしている姿を想像してはイライラ。

でも、復縁したいとか辛いとかそうい感情ではなくて、

ウサ
ウサ

クッソーーーーー私も幸せになってやる!ムカつくうううう

っていう感じでした。

12月

ブログを継続

ブログで元夫のことをネタにすることはできるようになりましたが、元彼のことはネタにできないような状態でした。

いろんな記事を書いて、Twitterでのバズを経験したり、ブログを書くこと自体が楽しくなってきました。

1日の大半はブログのことを考えているので、元彼のことを思い出す時間はかなり減りました。

本をたくさん読んだ

元々、Kindleで月10冊くらいは読んでいたのですが、12月は心理学、ブログ、マーケティング、人間関係学などの本をひたすら読んでいました。漫画もたくさん読みました。

本を読んで勉強するのが好きなんだということに気がついたのもこの時です。(今更)

ウサ
ウサ

初めて進撃の巨人を読みました。全巻大人買いしました。

執着を手放すのにおすすめなのがこちらの根本裕幸さんの本。

この本に載っているワークを試しました。効果絶大。

手放す決意をした後にワークをやったから効果があったんだと思います。

ほとんど元彼のことは思い出さなくなった

びっくりするくらい、思い出さなくなりました。

相手の女と幸せにしている姿を想像しても、まぁがんばれ。としか思わなくなりました。

相変わらず幸せにはなってほしくないですが。まぁいいや、と思えたのです。

LINEのブロックを解除しました。

連絡をしたいからではなくて、ブロックしなくてももう気にならないと思ったからです。

スポンサーリンク

私が元彼を完全に手放せたと思えた瞬間

2021年元旦、イギリス時間では12月31日の15時(日本時間1月1日0時)、たくさんの人から「あけましておめでとう」という連絡が来ました。

なんとなく、心のどこかで

ウサ
ウサ

元彼から「あけましておめでとう」くらいは来るかな〜?

なんて思っていたのですが、元彼からはなんの連絡もありませんでした。笑

これまでの執着していた私だったら、

ウサ
ウサ

こちらから送ろうかな〜それとも待ってみようかな〜

と悩んだと思いますが、この時

ウサ
ウサ

あーまぁそうだよね、来ないわな。ま、いっか。

と思ったのです。そしてそのことをすぐに忘れてしまいました。

1月3日、私の誕生日だったのですが、誕生日も同様に連絡は来ませんでした。

でも、

ウサ
ウサ

そりゃそうだ。

と思っている自分がいることにびっくり!!

 

あー私、やっと元彼への執着手放せたわ。

 

と思いました。

よかった。

スポンサーリンク

執着を手放したいけど、手放せない人へ

執着を簡単に手放す方法なんてないと思っています。

簡単に手放せるものに執着なんてしないです。

 

自分の気持ちに正直に、思うがままに行動していきましょう。

 

周りの人に迷惑をかけたっていいのです。

執着している相手を困らせたっていいのです。

 

自分のやりたいことをその時々にしていくことが大事です。

 

結果的にそれが一般的によく言われる

自分を大切にすること

につながると思います。

 

いつか執着は消えます。

自分を大切にして、人を頼って過ごしてくださいね。

ウサ
ウサ

といいつつ、正直、めっちゃ辛い7ヶ月でした。

この記事を書いた人
ウサ

根本裕幸先生のお弟子第4期生としてカウンセリングを学んでいる。
20代で結婚離婚を経験。毒親・虚言癖・学歴コンプレックス・恋愛依存に悩んできた経験あり。でも今は自己肯定感が上がり、人生の目標もできて、とても幸せに生活しています。
ゼオスキン愛用者、ダイエッター。

教育・先生・コーチングについての発信は別サイト「ウサブログ」で行っています。

■詳しいプロフィールはコチラ
■初訪問の方へ:最初に読んでほしい10記事
■お問い合わせはコチラ

ウサをフォローする
女性の悩み夫・彼氏カウンセラーコラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウサヘルス

コメント

タイトルとURLをコピーしました