私は、他人に尽くしすぎる他人軸の女だったことに気がついた。

スポンサーリンク
人間関係

こんにちは、ウサ(@usab1og)です!

2020年になって、海外転職をして自分の時間ができたことにより、

ウサ
ウサ

私がこれまで「誰かのために」と思ってやってきたことは、意外とほぼ全て「自分のために」やっていたかもしれない、、、

と思うようになりました。

そして、自分の中で「他人に尽くし過ぎていた」ことを取りやめたことで、非常に幸福度が上がったので、この記事ではその話を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

私はずっと他人に尽くして生きてきた

私は、学生時代から、他人に嫌われてばかりでした。(詳しくは下の記事参照)

ウサ
ウサ

こんな私が誰かに好かれるためには、一生懸命尽くすしかない。

という思いが常にありました。

高校生時代は親のお金で他人に尽くした

今思うと、ありえない〜!と思うのですが、高校時代は人に好かれたくて「物を買って他人にあげまくる」ことをしていました。

例えば、ディズニーランドに行った時のお土産って、普通は仲の良い数人にしか買わないですよね?当時の私はクラスの女子全員にお土産を買って、喜んでもらうために渡していました。良い人だと思ってもらいたくて。

毎日お菓子を買って、クラスメイトに配るのも、同じような思いからでした。

ウサ
ウサ

当時はなぜか、それで他人からよく思われると思っていました。

そんなんで好かれるような人間関係なんてダメなのに。

大学生時代はアルバイト代で他人に尽くした

大学時代も、基本はお金で他人に尽くしていました

自分で一生懸命稼いだアルバイト代で、当時の彼氏(のちの夫であり、離婚する)にいろんなものをプレゼントしました。自分がもらったものに対して多過ぎるくらいのプレゼントをしました。彼氏の実家にも、旅行先などのお土産を送ったり、ちょっとした物を買って送りました。

友達や後輩にも、お金がそんなにあるわけではないのに奢ってあげたり、プレゼントをしたり、自分のためではなく他人にめちゃくちゃお金を使っていました。

気づけば常に貯金はなくて、いつもギリギリの貧乏生活を送っていました。

ウサ
ウサ

なぜか、お金で他人の気を引こうとしていましたね。

純粋に「喜んでもらいたいから」と当時はお金を使っていましたが、実際よく考えてみると、他人に好かれるためにやってたなぁと思います。

社会人になって尽くしてもOKな仕事に就いた

私は、特に夢を持って教員になったタイプではないのですが(なんとなく、人について考えることが好きで、人と話すことも好きだったのでなった)、結果として教員という仕事は非常に適職だったと思います。

ただ、教員としての6年間は「生徒に尽くしまくる教員」でした。

え?生徒に尽くしまくる教員って、すごくいい教員じゃない?

と保護者には思われがちですし、私自身もそう信じて疑わなかったのですが、実は違いました。

今でこそ分かるのですが、

生徒に尽くす=生徒に信頼され好かれる=保護者に感謝され好かれる=自分の心が満たされる

という、非常に他人軸(他人にどう思われるかによって自分が左右される)な発想で、自分自身のために生徒に尽くしていました

そして、私に尽くされた生徒は、「自立」が遅れることになったと思います。

生徒のために、自費でいろいろなものを購入することも多く、今考えると年間でかなりの出費になっていたと思います。(軽く1ヶ月分の給料以上は使っていました)

もちろん、良い作用が起きたこともたくさんありますし、基本的には生徒や保護者に感謝されました。全てが悪かったとは思わないのですが、果たしてそれは本当に生徒のためだったのか?と思うのです。

正直、私は「生徒や保護者に信頼されて好かれている教員」であることに一生懸命で、そうあることで自尊心を保っていました。他の教員がやらないような細やかな部分までフォローを入れて、生徒や保護者に「いい教員」であると思ってもらうことを大事にしていたように思います。

本来、生徒に一人でやらせるべきことを先回りして先導してしまい、生徒が一人で取り組む機会を奪ってしまったり、保護者対応を人一倍きめ細かく行い過ぎて、他の教員の対応が雑だと保護者に感じさせてしまったり、その人のためにやっているつもりが、実は全部自分の心を満たすためだったということに気がつきました。

ウサ
ウサ

とはいえ、生徒が成長していく、保護者がどんどん協力的になっていくのを身をもって体感すると、非常にやりがいがありました。

人間って面白いな。って笑

自分にそっくりな男子生徒に出会って、自己投影してしまって共依存になった

ある年、自分そっくりな男子生徒に出会いました。自分のクラスに入ってきたのです。

  • 自信があるように見えて、実は自分に自信がない。
  • 自分を大きく見せるため、人に好かれるため、注目を引くために嘘をつく(虚言癖)
  • 恋愛依存症
  • 人間関係が下手くそで、人に尽くすことで関係を保とうとする
  • ネット依存
ウサ
ウサ

自分の生き写しのような存在だ・・・。

男で野球部ということだけが違うけれど・・・。

自分のクラスに彼が入ってきて数ヶ月で、そっくりだなぁと気がつきました。

おそらく、彼は彼で同じように思ったのか、私に心を開いてよく個人的な相談をしてくるようになったのです。虚言癖については認めなかった(私も昔そうだった)のですが、他の項目については悩んでいると真剣に相談されました。

周りの先生たちからは、

先輩教師
先輩教師

あまり深入りしないで放っておいた方がいいよ、依存されるから。

と言われたので、自分なりに気をつけていたのですが、どうも過去の自分を見ているようで、助けずにはいられませんでした。

相談は良くも悪くもエスカレートしていきました。クラスの生徒とは個人的な連絡先を交換する学校だったので、学校外の時間でも連絡を取ることができたのですが、毎日のように連絡がくるようになりました。

私も、彼に頼られていること、彼の親から非常に感謝されたこと、過去の自分を助けているような気分になったことなどが重なって、その連絡に一生懸命応えていました。

彼に依存されることがいつの間にか当たり前になり、そこに自分の存在価値を見出していました。そして、いつの間にか、彼が私の手のひらでコントロールされて、私の思うがままにコントロールできるようになっていたことにも気がつきました。

あ、まずい。これはまずいぞ。

と気付いた時には、なかなかそれをやめられずにいて、

ウサ
ウサ

私は教師として失格だ。

と自分をたくさん責めました。でもなかなかやめられませんでした。

結局、次年度のクラス替えの時に、私のクラスから外してもらうことによって、徐々に離れることができました。

彼の自立の機会をたくさん奪ってしまったと、反省しかありません。

彼や彼の保護者には「支えてもらった」と感謝されますが、自分としてはそうではないと思っています。

年下の彼氏に尽くしまくった

私は社会人6年目で約12年の付き合いだった夫と離婚しました。

その後年下の彼氏と出会うのですが、

もうね、死ぬほど尽くしましたよ。笑

相手は学生だったので、たくさんお金を出しましたし、たくさんプレゼントをしましたし、たくさん自分の時間を相手に捧げました。

ウサ
ウサ

こうやって考えると、私はちっとも学ばないですねぇ〜〜〜

それだけ尽くした彼氏でしたが、見事に相手から大して尽くされることなく「元彼」になり、

ガッツリ執着しました。

「私がかけた時間とお金」に。

もちろん元彼への愛もあったと思いますが、時間とお金にも執着していたと思います。

手放すまでめちゃくちゃ時間がかかりました。

本当に他人軸ですよね。こうやって書いただけでわかります。

スポンサーリンク

海外の日本人学校に赴任してから、尽くしすぎに気がついた

現在の職場に赴任してから、決して暇ではないのですが、日本の学校で働いていた時よりも自分のことについて考える時間が増えました。

誰かのためにお金を使うことをやめた

海外の日本人学校は、いわゆる「海外駐在者の御子息」が大半で、お金持ちのご家庭が多いです。

子供たちも独特な子が多いのですが、特に「お金で人に好かれようとする」生徒がちらほらいます。

前任校では自己投影してしまっていたのですが、考える時間が増えてからは、すごく客観的に「お金で人に好かれようとする」生徒たちを見るようになり、これまで自分がしてきたことに対しても反省できるようになりました。

ウサ
ウサ

生徒たちにも、「人との関係を作るのにお金はいらないんだよ」と話をすることができるようになりました。お金が絡む人間関係は本当の繋がりじゃないよって。

なかなか人を信じられないかもしれないけど、少しずつ自己開示してみよ?と話すことが多いです。結構みんな上手くいきます。

これまでは、生徒に好かれたくて自費で色々購入して独自性を出していましたが、まずはそれを辞めました。お金を使わなくても、良好な関係は築けるだろうと生徒にも自分にも言い聞かせて。笑

同僚に対しても奢るようなことはせず、自分の分だけ自分で支払うようにしました。

すると、

すぐにお金が貯まる・・・。(そりゃそうだ)

でも、これまでお金があれば誰かのために使いたい生活だったので、初めてお金が貯まる感覚を感じました。恥ずかしい。笑

ウサ
ウサ

もちろん、自分が大切にしている人(親友や大切な先輩など)には誕生日プレゼントや各種お祝いは送ります!

正直、去年までは、かなりの大人数に誕生日プレゼントやお祝いを送っていたので、その出費もすごかったなと思いました・・・。大切な人だけで十分。

誰かのために時間を使うことをやめた

生徒が自分でやるべき、進路の調べ学習。これまではある程度私が下調べをして、レールを敷いて、その上を走らせるようにしていました。それをやめました。かなり時間を使うので・・・

その代わり、生徒が調べている最中に相談に乗ったり、質問に答えるようにしています。放置はしないが、レールを敷かないという絶妙なバランスが難しいです。

生徒と個人的に連絡先を交換するのはやめました。緊急連絡先として、仕事用のメールアドレスは伝えていますし、そこに連絡があれば対応しますが、気軽に連絡させないようにしています。基本的なコミュニケーションは口頭で。

LINEの通知を切った

私の仕事は、基本的にLINEで連絡はありません。LINEは完全にプライベートの連絡に使っています。

LINEは、自分も相手も画面を見ているときに返事をすると、すぐ既読がついてしまって、すぐ返さなければいけない感じがしてしまいます。一度その状況になると気づけばずっとLINEで話しているような状況になってしまうので、時間の無駄遣いだなと気がつきました。

だから通知をオフにして、自分が暇な時に見るようにしたら、非常に気持ちがいいです。

緊急の連絡なんてほとんどないですし(寂しい気もするけど)、今のところいい作用しかありません。

返信率が下がったので、他人の悩み相談を受けることがガクッと減りましたが、大事な人の悩みだけ聞ければいいやと思えるようになりました。大事な人は返信率が下がっても相談してくる。

スポンサーリンク

自分のためにお金と時間を使ったら、幸福度が高くなった

あっという間にお金と時間を持て余す(ほどではないか笑)ようになりました。

自分のためにお金と時間を使うようになったら、すごく幸福度が高くなりました。

お金はこんなことに使っています

美容

ゼオスキンヘルスというドクターズコスメを日本で愛用していて、高くて継続できなかったのですが、イギリスの病院でも買えることを知って思い切ってラインで揃えました。

シミそばかすが綺麗に消えるからオススメですよ、威力すごい。

顔撮りまくっていますが、ナルシストではありません。シミそばかすがやばいのじゃー!!!

ウサ
ウサ

本当は眉間にボトックスを打ちたい。

流石にイギリスでは受ける気になれないので、日本で受けたい。

カウンセラーの養成講座

今月申し込みをして、選考に選ばれたら50万円くらい支払ってカウンセラーの養成講座に参加しようと思っています。(なぜか選ばれる気満々)

他人のためにお金を使うことを辞められていなかったら、申し込みを検討することすらしなかったと思います!

ウサ
ウサ

選考に通って参加できたらより幸せ

時間はこんなことに使っています

ブログ執筆

11月から毎日ブログをいじっています。暇な時はブログのこと考えているかも。

12月21日くらいから、今日まで毎日1記事執筆しています。結構リライトもしている。

12月は記事がバズったこともあり、過去最高のPVを獲得しました笑

1月はこれよりもPVと収益は減ると思いますが、それでも11月よりかなり伸びていて、ブログって面白いし夢があるなと思っています。

ブログのためにSNSを使っていますが、プライベートではSNSを使わなくなりました。笑

自分の人生について内省している

まだまだ足りませんが、自分の人生について内省しまくっています。

じっくり考えると気づくことが多いです。(下の記事なんかが内省した後の記事)

ウサ
ウサ

今読んでいただいているこの記事も内省の記事です。

結構、振り返ると自分自身に対して客観的に理解することができて、コンプレックスが急激に解消されたり、解決しなければいけない問題が出てきたりします。

ゴロゴロしていい匂いに囲まれながら休憩

結構時間を持て余すので、アロマを焚いた部屋で、ゴロゴロしながらYoutubeをみたり、そのまま寝落ちしたり、リラックスする時間ができました。

実は、日本にいるときはこんな時間を作る余裕がなかったのです。(精神的にも物理的にも)

睡眠の質が高まったように思います。

ウサ
ウサ

本当に、めちゃくちゃ、幸福度高いです。

幸せ〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

「他人のために」は実は「自分のために」かもしれないよ?

私の中の大きな勘違い。

「他人のために」が「自分のために」だった。

他人によく思われたい気持ちは誰にでもあると思いますが、そのために自分のお金や時間を費やしても幸せにはなれないんですね。

身をもって体感しました。

逆に、自分のためにお金や時間を使うようになって、自分自身が幸福になったら、周りの人に信頼されていい関係を保てるようになったと思います。(まだまだ経験が浅いですが!笑)

皆さんも、自分はどうかな?と考えてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました