しみ・肝斑が消えた!ゼオスキン (ZO SKIN)セラピューティック1ヶ月の経過とセラピューティックの方法

化粧品
スポンサーリンク

4月6日からゼオスキン(ZO SKIN)のセラピューティックを開始しました。1ヶ月の経過とセラピューティックの方法をお伝えします。

1ヶ月後の経過だけ見たい方は、目次から飛んでください。しみ・肝斑がかなり改善されて、艶が出ています。

アラサーになって、しみ・そばかす・肝斑が目立つようになり、ずっとコンプレックスでした。コロナウイルスでおこもり美容が流行る前に、ピコレーザーを試そうと思ってたまたま美容皮膚科に行ったところ、ゼオスキンのセラピューティックを勧められ、始めることにしました。

スポンサーリンク

セラピューティックとは

ハイドロキノン1配合スキンコンディショニングプログラム
ダメージを受けた肌にハイドロキノン1など整肌成分を配合した、より積極的なスキンコンディショニングプログラム。
独自の技術で4%ハイドロキノン1が効果的に浸透2
し、しみ3やくすみ4を防ぐ力をサポートし、ハリのある美しく健やかな肌を目指します。

https://www.cutera.jp/zoskinhealth/downloads/products_pdf/therapeutic_201810.pdf

ゼオスキン の化粧品(ハイドロキノン含有のものを含む)と、病院で処方されるトレチノインという薬を使って行う、12〜16週のプログラムです。

開始3日後あたりから、顔の皮が剥け始め、顔全体が赤くなります。16週かけて顔の肌を全て入れ替えて、そこにハイドロキノンを投入することにより、しみ・そばかす・肝斑を改善します。また、肌に艶が出て、肌質やしわも劇的に改善します。

スポンサーリンク

セラピューティックのやり方

使用するアイテムの紹介

ゼオスキンとトレチノイン

左からバランサートナー、ミラミックス、ミラミン、手前のチューブがトレチノイン。

中が透過していないので、中身の量を知るのが難しいかと思いきや、部屋を暗くして、ボトルの下からスマホのライトで照らすと中身の量が分かることが判明しました!便利なので試してみてください。

ミラミンは多用するのでセラピューティック中に新しいものを買うことになります。

バランサートナー

美容クリームを肌へ最適に浸透させるために不純物を取り除き、肌のpHのバランスを整えます。

独自の技術で、乾燥、敏感、刺激反応を起こした肌を、いきいきとサポートします。

容量:180 mL / 6 Fl. Oz.

https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cleanse.html#BalancerToner

使用すると、スーッとした感覚とスーッと鼻に通るような香りがします。セラピューティック中は顔の皮が剥けているので、剥けているところにかなり滲みます。また、目に入るととても痛いです。

定価は税抜き6000円で、芸能人や皮膚科医もリピーターが多い商品です。

ミラミン

ハイドロキノンがくすみを抑える力をサポートし、肌の色調を美しく整えます。

容量:80mL / 2.7 Fl. Oz.

https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_hq.html#Melamin

ハイドロキノン配合。手にとって肌に乗せると、結構白いクリームのような使い心地。よく伸びますが押さえるように使うのが正解と医師からご指導頂きました。香りは、ほんのりハイターのような匂いがします。笑

定価は税抜き12,000円です。ミラミンだけを普段の化粧品にプラスするだけでも、肌がとても明るくなります。

ミラミックス

ハイドロキノン配合で、医師処方薬のクリームと併用することにより、効果的に浸透し、明るくムラのない整った肌へと導きます。

容量:80mL / 2.7 Fl. Oz.

https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_hq.html#Melamix

ミラミックスは、名前の通りトレチノインと混ぜて使います。こちらもミラミンと同様にトレチノインを混ぜて使います。ミラミンより透明感のあるゆるめのクリームで、トレチノインと混ぜやすいです。

定価は11600円です。ミラミックスは単体で使うことはないと思います。

トレチノイン

トレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っています。トレチノインは表皮の細胞を活発に増殖させるために、表皮の細胞はどんどん押し上げられていき、そのときにメラニン色素を一緒に持って上がっていき、2~4週間でメラニン色素を外に出してしまいます。

https://www.jichi.ac.jp/keisei/tre-hq/tre_shimi.html

私が病院で処方されたトレチノインは、チューブに入った透明感のある黄金色のジェルクリームです。(処方される病院によって見た目が違うようです)

ミラミックスと混ぜて使用します。顔の皮をベロベロ剥いてくれるのはこのトレチノインなので、きちんと使用しないとセラピューティックの効果が出ません。

また、トレチノインは「冷蔵庫保管」です。これが少々面倒ですが、効果が出る治療であることを考えれば頑張れます。

何gかは忘れてしまいましたが、写真のサイズで定価 3000円くらいです。

朝のセラピューティック

セラピューティックは朝と夜で手順が異なりますので、分けてご紹介します。セラピューティック中はとても肌が乾燥して、サランラップなんじゃないかというくらいパリパリのお肌になります。しかし、基本的にセラピューティック中は「保湿は極力しないほうがいい」と考案者のオバジ先生がおっしゃっていますので、我慢できる乾燥であれば保湿は控えたほうがいいです。

手順1 洗顔

しっかり洗顔料を使用して、洗顔をします。

私は普段は水洗顔でしたが、夜に強めのお薬のトレチノインを塗るので、洗顔料を使ってしっかり落とさないといけません。

ジェントルクレンザー

ここで使う洗顔料は手持ちのものでOKです。1度ゼオスキンのジェントルクレンザーを使いましたが、青の透き通ったジェルであまり使用感が好きではありませんでした。(お風呂の中で撮った写真でごめんなさい)

クレンザーを使用しなくても結果が出ているので大丈夫です。私はエンビロンのクレンジングジェルを泡立てて使用しています。

手順2 バランサートナーを塗る

バランサートナーを手にとって、顔を手で優しく押さえるように塗布します。この時に擦ったり、叩いたりしてはダメです。

最初コットンを使用していましたが、顔の皮が剥けてくると、コットンの繊維が引っかかって顔についてしまうのでやめました。

このバランサートナーは結構スーッとした使い心地で、セラピューティック中は滲みます。目に入るととても痛いです!!!!

手順3 ミラミンを塗る

ミラミンを1プッシュ手に取り、掌に伸ばしてから、バランサートナーと同様に顔を手で優しく押さえるように顔に染み込ませます。

ミラミンは結構伸びる上にかなり白いクリームなので、顔に乗せて伸ばしたくなると思いますが、基本的に擦らないことが大事なので、ゆっくり押さえながら塗布します。

ほんのりとハイターのような香りがするので、

あぁ…私の顔漂白されてるわぁ

となること間違いなしです。笑

手順4 日焼け止めを塗る

このまま日焼け止めを塗ります。

セラピューティック中は日焼け厳禁ですので、SPF50 PA++++の日焼け止めを必ず塗ります。(有名な美容外科医の上原恵理先生もそうおっしゃっていました)

ゼオスキンからも日焼け止めが出ていますが、特にゼオスキンにこだわらなくていいと思います。

剥けや乾燥がひどい場合

剥けや乾燥が酷い場合は、手順3の後に乳液またはクリームで保湿をします。剥けがピークの時は、朝しっかりと乳液で保湿をすると痒みが出ませんでした。

私は美容外科医上原恵理先生オススメのトゥベール化粧品の乳液を使用しています。

2種類ありますが、ナノエマルジョンの方が、サラサラの乳液なのに使用後もっちりで気に入っています。セラミド配合で、お値段がお財布にやさしく、セラピューティック中の肌にも使えるので重宝しています。

夜のセラピューティック

夜は少し手順が多いです。洗顔後という前提で手順を書きます。

手順1 バランサートナーを塗る

これに関しては朝と同じです。

手順2 ミラミンを塗る

これに関しても朝と同じです。

手順3 ミラミックス+トレチノインを塗る

ミラミックスとトレチノイン

ミラミックスは1プッシュ手に出します。

トレチノインは、本来のセラピューティックでは、ミラミックス:トレチノイン=1:1の割合(つまり、ミラミックスの量=トレチノインの量)で使用するように推奨されていますが、日本人の肌の場合は3:1の割合で使用を開始するといいそうです。

つまり、トレチノインの量はミラミックスの量の3分の1ということです。慣れてくると剥けなくなってくるので、だんだん量を増やしていくことになります。

ゼオスキンの剥け

最初は、ミラミックスの3分の1の量でも、このくらいガッツリ乾燥して、ベロベロに剥けますので安心してください。

汚くてごめんなさい!笑

スポンサーリンク

セラピューティック1ヶ月後の経過

劇的変化です。写真で分かるレベルです。本当にセラピューティックやってよかった。

左側が4月6日、右側が5月1日の画像です。(正確には1ヶ月経っていません

同じ部屋で、同じ照明、同じカメラで撮影しています。

元々しみ・そばかす・肝斑・ほくろが多いのですが、ほくろ以外のものの改善が目に見えてわかります。1ヶ月で艶も出ています。

顔が赤いのはハイドロキノンのせいなので、セラピューティックが終われば戻ります。

また使い始めて4週間なので、8週間後にもレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

ドクターズコスメは優秀

ゼオスキン ・エンビロンを筆頭に、ドクターズコスメはかなり優秀です。

ジュランツ

高須クリニック 美容皮膚科医 医師 高須英津子が研究・開発したドクターズコスメ Jullants ジュランツ お肌の再生力を高める3GF(EGF・FGF・IGF)配合した基礎化粧品です。

「25ans」「美人百花」「VERY」「ELLE」「美的」などに定期的に掲載され、注目度も上昇中! 現在まで、リピート率の高さで購入実績を伸ばしてまいます。 EGF、FGF、IGF、セラミドなど、贅沢に配合された美容成分が、 うるおい、ハリ、透明感のある素肌に導きます。

フラセラ

雑誌やテレビなどで多数紹介されている「美容皮膚科 わかばクリニック(六本木)」院長 工藤さやかが100%開発したドクターズコスメ。 フラーレンや数種類の美肌成分を贅沢に配合し、7年以上の歳月をかけて完成させたスキンケアになります。 今まで他の化粧品を使ってあまり実感できなかった方でも、ご満足頂けるドクターズコスメです。 自社調べではありますが、フラセラ化粧品を使用された方の92%が実感しています。

ミューノアージュ

東京ミッドタウン美容クリニック発の化粧品【muNoage】です。 肌再生・アンチエイジング・美白にアプローチする、皮膚科医開発のドクターズコスメです。 有名メディア掲載多数! 長年研究してきた結果たどりついた新しいエイジングケア化粧品「muNoage」 シミ・しわ・たるみ肌のお悩みの方々に人気があります。

美肌の森(ドクターズコスメ通販サイト)

総来店者数が30万人を突破したWEBショップ「美肌の森」です。資生堂エマルジョンを始め、ドクターコスメなど手に入りにくい化粧品の通販サイトで、かなり重宝しています。

スポンサーリンク

ゼオスキン は病院で購入することをオススメします。

ゼオスキンは化粧品ですが、「治療」レベルで肌の変化がありますので、必ず病院で購入することをオススメします。オンライン診療を行っている病院も多いので、ぜひ。

メルカリでも手に入りますが、ハイドロキノンで炎症を起こす人も多いようなので、気を付けてください。(メルカリでも定価で販売されているので、安全面を考えると病院の方がいいと思います。)

化粧品 美容
スポンサーリンク
スポンサーリンク
f09847umをフォローする
スポンサーリンク
ウサブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました