現役教員が本格的なオンライン授業のために買ってよかったものを全部紹介する!

スポンサーリンク
先生として働く
ウサ
ウサ

こんにちは、ウサ(@usab1og)です。

私はイギリスの在外教育施設勤務ですが、このご時世の影響で2020年度の1・3学期はオンライン授業をすることになりました。

2学期間ずっとオンライン授業をしてきたら、流石に慣れてきて、あれこれ工夫して授業をするようになりました。

今はもはや対面よりもオンラインの方が授業しやすいこともあるくらいになったので、そんな私がオンライン授業のために買ってよかったものを、この記事で全て紹介します。

ウサ
ウサ

ちなみに私は、お金があまりないので、極力安く、長く使えるものを選んでいます。

スポンサーリンク

パソコンでオンライン授業をする方におすすめの商品

パソコンでオンライン授業をする方におすすめの商品

パソコンでオンライン授業をする方におすすめの商品を紹介していきます。

パソコンでオンライン授業をするメリットは、

  • 端末の処理能力のせいで映像が固まってしまうことが少ない
  • 画面が大きいので生徒の様子を確認しやすい
  • 画面が大きいのでオンラインホワイトボードを使いやすい
  • 画面共有しやすい

などがあり、圧倒的にメリットが多いです。特にデメリットはありません。

ウサ
ウサ

ちなみに上の写真のようにホワイトボードを使って授業する方法もありますが、すごく文字が読みにくいのがわかりますか?

これでは生徒の目が疲れてしまいます。

ここではそうならないような授業を行うための商品を紹介します。

オンライン授業に使用するパソコン(必須)

選ぶポイントは、

  • カメラとマイクが内蔵されている(安物だと内蔵されていないものもある)
  • 画面が15インチくらいの大きいもの(小さいと生徒の顔が見にくい)
  • メインメモリが8GBのもの(複数のアプリを同時に立ち上げるので)
  • ストレージはSSD搭載のもの

です。

ウサ
ウサ

私は高校の情報の教員免許も持っているので、この辺は少し詳しいです。

価格を重視する人向け

ヒューレットパッカードのノートパソコンは基本的に性能が良く、修理などの対応も丁寧なのでおすすめです。

こちらの商品は、上に書いたポイントを全て満たしていて、その上でマイクロソフト社のOfficeが入って59,000円なのでかなり安いです。

iPhoneやiPadと連携したい人向け

created by Rinker
Apple(アップル)
¥262,622 (2021/05/09 22:19:30時点 Amazon調べ-詳細)

だいぶ価格帯が異なりますが、MacBook Proの16インチは1番オンライン授業に適していると思います。

MacBookの強みは

  • iPhoneやiPadからAIrDropで写真、ファイルなどのデータを簡単に送れる
  • 処理能力が高い
  • 操作性が高い
  • カメラとマイク内蔵

という点です。

ただ高いので、私は泣く泣く13インチを購入しました。13インチでも画面が小さくて困るということはありませんが、もう少し大きい方がいいなと思うことはあります。

私は動画処理なども行うのでMacBook Proを購入しましたが、動画処理などを行う予定がない人はMacBook Airにしてさらに1世代前のものを買うと、価格を抑えられます。

オンライン授業に必要なパソコン周りのアイテム

パソコン関係に弱い方は、パソコンを買うだけでも大変なのに、パソコン周りのアイテムまで選ばなければいけないのは大変ですよね。

そんな方がここを見て購入するだけでオンライン授業ができるように、紹介していきます。

USBハブ(必須)

USBハブは、パソコンと他の機器を繋ぐ中継地点の役割をしてくれます。

大抵のノートパソコンは、パソコン本体だけではプロジェクターに接続したり、ペンタブに接続したり、USBに接続したり、CDを読み込んだりすることができないものが多く、このようなUSBハブが必要になります。

最近のパソコンはUSBがType-Cのものが多いので、上の商品を買っておけば間違いありませんが、心配な方は自分のパソコンのUSBの型を確認してください。(幅広の物がA、小さい物がCです)

イヤホンまたはヘッドセット(必須)

ヘッドセットやイヤホンなしで、Zoomなどを使ってオンライン授業をすると、自分の身の回りの雑音が全て参加者に聞こえてしまいます。

特に教員側であれば、自分が話している時に不要な雑音が入ってしまうので、ヘッドセットやイヤホンは必ず購入して使用しなければいけません。

オススメはゲーミングヘッドセットです。特にAmazonでも人気の高いこの商品はオススメです。

特徴は、

  • 長時間使用しても耳や頭が疲れない仕様
  • ノイズキャンセリング機能あり(自分の周りの雑音が聞こえなくなる)
  • 高性能マイク付き
  • イヤーパッドの部分がメッシュで蒸れない(結構大事)
  • スタイリッシュなので装着しても生徒から笑われる心配がない

Macbookを利用する人は、少し値段が張りますが、AirPods Proを買うことをオススメします。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/05/10 01:18:08時点 Amazon調べ-詳細)

特徴は、

  • カナル型のイヤホンなのに耳が疲れない
  • ノイズキャンセリング機能付き
  • マイク内蔵
  • iPhoneやiPadにも使えて便利
  • 高音質
  • スタイリッシュ

自分のパソコンに合わせて選んでみてください。

ペンタブレット(選択)

オンラインホワイトボードにペンタブレットで書き込んでいくオンライン授業

これは実際に私のオンライン授業の時に、ペンタブレットでオンラインホワイトボードを使って板書をしたスクリーンショットです。

実際はこの画面を生徒に共有して、生徒の顔を見ながら授業をしています。

画面越しのホワイトボードは見にくい

逆にこんな感じで、画面越しにホワイトボードをうつす人もいますが、生徒からしてみたら「めちゃくちゃ見にくい」「目が痛くなる」と不評です。

ですので、オンラインホワイトボードを使った授業は生徒にとってもプラスになります。

オンラインホワイトボードにマウスで文字を書くのは至難の業なので、オンラインホワイトボードを使うには絶対にペンタブレットが必要です。

ペンタブレットはWacomのものがオススメです。他の安いペンタブレットもいくつか試しましたが、うまく字が書けなくてイライラするので、Wacomのペンタブを買ってください。

WacomのペンタブレットはS、M、Lとサイズがあるのですが、Sで十分です。MとLはイラストレーター用の巨大サイズになります。

1番のオススメはIntuosのSmallです。Amazonで買うのが1番安いです。

書画カメラ(選択)

どうしてもオンラインホワイトボードにペンタブレットで書き込むのは抵抗があるよ、という方には、書画カメラがオススメです。

本来の書画カメラの使い方

本来は上の写真のように、教室で、プロジェクターに大きく資料を映し出すためのカメラですが、オンライン授業では大活躍できる代物です。

パソコンの横にノートを置いて、そこに手書きで書き込んでいく様子を、生徒に画面共有で見せることができます。自分のノートが板書になるイメージです。

HUE EDという書画カメラは、カメラの位置を変えにくい書画カメラが多い中で、グニャグニャとカメラの位置を変えることができるので自由度が高くてオススメです。

スポンサーリンク

タブレットでオンライン授業をする方におすすめの商品

タブレットでオンライン授業

タブレットでオンライン授業をする方はあまりいないかもしれませんが、私はタブレットでもオンライン授業をすることがあるので紹介します。

タブレットでオンライン授業をできる場合はかなり限られていると思います。

  • 画面共有をしない授業
  • オンラインホワイトボードを使う場合はZoomで授業を行う場合のみ
  • 生徒数が少ない授業

私は10人未満の生徒に対して授業を行うときに、タブレットで授業することがあります。

オンライン授業に使用するタブレット(必須)

created by Rinker
Apple(アップル)
¥69,080 (2021/05/09 20:00:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥15,286 (2021/05/09 22:19:32時点 Amazon調べ-詳細)

iPad+Apple Pencil一択だと思います。

他のタブレットでも試してみましたが、オンラインホワイトボードに書き込む場合は、なぜかApple Pencilじゃないとすらすら描けないので、iPad一択です。

イヤホン(必須)

タブレットも、イヤホンをしないと周りの雑音を拾ってしまいます。

iPadであれば安いイヤホンでも大丈夫ですが、できれば有線ではなく無線のイヤホンをオススメします。(かなり線が邪魔になるので。)

Ankerのイヤホンが非常にコストパフォーマンスが高くて人気です。

ただ、私は少し値段は張りますが、できればAirPods Proを買うことをオススメします。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/05/10 01:18:08時点 Amazon調べ-詳細)

特徴は、

  • カナル型のイヤホンなのに耳が疲れない
  • ノイズキャンセリング機能付き
  • マイク内蔵
  • iPhoneやiPadにも使えて便利
  • 高音質
  • スタイリッシュ

で、私自身使っていて、買ってよかったなぁと思う物です。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedに加入しておくと、書籍の引用をしやすい

授業に使う目的で、書籍を引用することってあると思います。

私は教科が数学なので、あまり書籍の引用をすることはないのですが、ホームルームで進路学習のために本を勧めたり、中身を見せたりすることがあります。(もちろんオンラインで、です)

その時に、Kindle Unlimitedに加入していると、大体の本が月980円でオンライン上で読み放題なので、別ウィンドウで開いておいて、引用したい時だけ画面共有するということができます。

結構、数学以外の国社理英の先生たちが有効活用しているのでおすすめです。

ちなみに私のKindleの中身はこんな感じ。

私のKindleのホーム画面

ここだけ見せて本の紹介をしてもいいですし、

Kindleに入っていれば本を引用しやすい

こんな感じで中身を見せることも可能です。

入会金や解約金がかからないので、1ヶ月試してみて嫌ならすぐにやめられます。

多分気にいると思いますけどね!笑

↓ぜひ試してみてくださいね

スポンサーリンク

オンライン授業の参考になるオススメ書籍

Zoomならこの本

Google Meetならこの本

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人
ウサ

30歳、高校教師(数学・情報)。
教職歴は学生時代のアルバイトも含めると10年以上。
現在は欧州の在外教育施設勤務。
SBTメンタルコーチング1級まで取得中。
GSC認定コーチ取得中。
ペップトークも学習中。
ブログでは主に教育×先生×コーチングについて情報発信しています。

美容・健康・カウンセリングについての発信は別サイト「ウサヘルス」で行っています。

■詳しいプロフィールはコチラ
■お問い合わせはコチラ

ウサをフォローする
先生として働く先生
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウサブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました