中学受験対策にはKindle Unlimitedで参考書をレンタルするのがおすすめすぎる。

スポンサーリンク
通信教材
ウサ
ウサ

こんにちは、現役教員のウサ(@usab1og)です。

Kindle Unlimitedをずっと愛用しているのでついに記事にしました。

中学受験を控えているお子様や保護者が、中学受験対策や面接対策のための本を読みたい!でもなかなか読む暇がないし、そんな本を机に何冊も置くスペースがないし、そもそも短期間でしか使わないかも。。。

そんな方に、アマゾンの電子書籍サービス「Kindle Unlimited」がおすすめです。中学受験対策参考書から面接対策の本まで、中学受験関連の本がたくさん読めるので、短期間でガッツリ知識を入れることができます。

途中まで読んでも続きから再生できるので、スキマ時間の積み重ねで、中学受験の知識がたっぷり手に入ります。

今なら、30日間無料キャンペーン中(通常は980円/月)なので、まずはどんな本があるか見てみたい、試しに読んでみたいという方にぴったりです。

無料で本をたくさん読むことができるチャンスなので、少しでも中学受験の本を読みたい方は試しに登録してみてください。電子書籍なので、子供はタブレットやスマートフォンがあればいつでもどこでも読むことができますし、大人も通勤中や仕事や家事の合間などに流し読みできます。

\はじめての方は30日無料/
Kindle Unlimitedで中学受験に確実に合格できる無料体験をする

・300冊以上の中学受験本
・心理学や子育て、教育の本やファッション雑誌もある
・10冊読めば10,000円分もお得!

スポンサーリンク

Kindle Unlimited で利用した中学受験本

Kindle Unlimitedで利用した中学受験本

読める本が都度入れ替わりますので、ここで紹介した本があるかは登録前にご確認ください。(一応私の方では確認済みです)

読める中学受験本の数が多いので、内容が良かった本を抜粋してご紹介します。

私が家庭教師として中学受験生(開成、駒場東邦、芝、などのレベル)を指導していた時に使っていた本です。

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,210 (2021/02/25 13:06:19時点 Amazon調べ-詳細)

中学入試に出る順 四字熟語・ことわざ・慣用句は、なんでこれ無料で読めてしまうんですか?というレベルの非常にわかりやすい問題集・参考書です。

出る順というのが、まさに「出る順」で、小学生でもとっつきやすいフルカラーの内容です。難易度も優しいものから難しいものまで網羅しているので、どなたでも使える1冊です。

他の科目も同じ種類の本が出ているので必見です。

中学受験算数の問題集ですが、少し脳トレのような雰囲気で書かれています。(内容は中難度の

中学受験算数)

解説が非常に丁寧でわかりやすく、小学生でも理解できると思うので、独学にも最適です。

こちらは保護者向けの本ですが、受験算数対策問題集として有名な「下克上算数」を出版した桜井信一さんが書いた本です。

完全に親子で受験を乗り切った桜井さんが書いているからこそ、保護者にとって大事な情報が詰め込まれています。

下克上算数の問題集についてはこちらの記事を見てください。

こちらも保護者向けの本で、中学受験用ではないのですが、中学受験をさせる保護者には読んでもらったほうがいいのかなと思うような内容でした。

私自身もこれを読む前と後では、小学生への算数の指導法がかなり変わりました。かなり効果的な本だったのでオススメしたいと思います。

具体的なほめ方叱り方や、アクティブリスニングの手法などいますぐ現場で活用できる具体的なテクニック満載です。

テクニック論だけでなく、子どもと向き合うマインドセットや良い習慣に至るまで、学術的なエビデンスに基づいて紹介しており、かなり奥行きの深い本でした。

知識をつけるだけでなく、自分も成長できる本

ベストセラー本です。大人も子供も勉強になるというか、生き方が変わります。

created by Rinker
¥1,188 (2021/02/25 11:37:22時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめです!失敗を恐れない人を育てる教育ができます。自分自身がめちゃくちゃ元気をもらえました。

お子様に実践してみるといいかしれません。

こんな感じで、無限に本が読めます。はじめての方は30日間無料なので、知識を増やして、お子様とともに中学受験を乗り切りましょう!

\はじめての方は30日無料/
Kindle Unlimitedで中学受験に確実に合格できる無料体験をする

・300冊以上の中学受験本
・心理学や子育て、教育の本やファッション雑誌もある
・10冊読めば10,000円分もお得!

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedとは?

Kindle Unlimitedとは?

2016年8月から始まったAmazon(アマゾン)の電子書籍読み放題サービス。月額980円でたくさんの本・雑誌・マンガが読めます。

『Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)』では和書12万冊、洋書120万冊が読めます。

書籍はダウンロードして、スマホやタブレット、PCで読むことができます。

Kindle Unlimitedのメリット

  • 紙の本で買うよりも安く本を読める
  • 普段読まない本も気軽に読めるので、知見が広がる
  • タブレットやスマホで読めるので荷物がかさばらない

2冊読めば元が取れる

本は1冊1,000円台くらいなので、月額980円ということは1冊読めばすぐに元が取れます

はじめての方は30日間無料です。

普段読まない本を読めて知見が広がる

本屋に行くと、買う気がないけど立ち読みしますよね?それと同じようなものです。

普段絶対買わない本や、中学受験の面接対策に必要な本を少しかじり読みして、頭に知識を蓄えることができます。

タブレットやスマホで読めるので荷物がかさばらない

今時はスマホの画面が大きくなってきたので、スマホでも十分快適にKindle書籍を読むことができます。もっと大きな画面で見たいという方はタブレットで読むといいでしょう。

全ての本が端末の中に入っているので、荷物がかさばらず、いつでもどこでも本が読めます。

Kindle Unlimitedのデメリット(注意点)

  • 最新の本はあまりない
  • 同時に読めるのは10冊まで
  • 自動更新に注意

最新の本はあまりない

出たばかりの新作はありません。が、割とすぐに入ってきたりします。

月額980円で最新の本が読めたら、本が全く売れなくなってしまうので、仕方ないことだとは思いますが、現状あまり気になりません。

同時に保持できるのは10冊まで

本をダウンロードして読むことになりますが、同時に読むことができるのは10冊までです。

あとから読もうかなと、とりあえず本をダウンロードしていると直ぐに10冊超えてしまいます。

ダウンロードした本を返却すれば、新たにダウンロードできるので、手間だけの問題です。笑

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」を始める方法

はじめは、30日間無料!です。

その後は月額980円。

30日以内に解約すれば、費用はかかりません。

  1. アマゾンの登録サイトへいく
    アマゾン電子書籍読み放題「Kindle Unlimited
  2. 「無料体験をはじめる」をクリック。AMAZONアカウントでログイン
    ない方は1分で作れますので、作りましょう。支払い方法を選択(クレジットカード)
  3. クレジットカード情報を入力して進みます。
  4. これで完了。

Kindle Unlimitedを解約する方法(たった2ステップ)

無料期間30日が終わると、自動更新です。

気に入らなかった場合は、30日以内に解約してください。

「アカウントサービス」の「お客様のKindle Unlimited」をクリック

Kindle Unlimitedの解約方法1

「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリック して、進めていくと解約できます。

Kindle Unlimitedの解約方法2

中学受験本をたくさん買うのはためらうけど、試し読みしたい人には最高!

Kindle Unlimitedは、もちろん本が好きで定期的に読む方には、素晴らしいサービスですが、1冊あたりが高い中学受験の対策本のようなものを求めている方には、もっとおすすめです。

本を読むハードルが下がるので、少し読んで、お子様や自分に合う本を見つけて、すぐ実践できます。

何百冊も中学受験本があるので、誰でも気に入る本が1つくらいはあります。

\はじめての方は30日無料/
Kindle Unlimitedで中学受験に確実に合格できる無料体験をする

・300冊以上の中学受験本
・心理学や子育て、教育の本やファッション雑誌もある
・10冊読めば10,000円分もお得!

この記事を書いた人
ウサ

30歳、高校教師(数学・情報)。
教職歴は学生時代のアルバイトも含めると10年以上。
現在は欧州の在外教育施設勤務。
飯山晄朗氏にSBTコーチングについて師事。
ブログでは主に教育×先生×コーチングについて情報発信しています。

美容・健康・カウンセリングについての発信は別サイト「ウサヘルス」で行っています。

■詳しいプロフィールはコチラ
■お問い合わせはコチラ

ウサをフォローする
通信教材 教材 教材書籍 教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウサブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました