教師が教える数検の勉強法とオススメ参考書!中学・高校生は数検を受験しよう。

数学検定
スポンサーリンク

数検についての勉強法とオススメ参考書を簡単に書いていきます。自分自身、数学教員として数検を取得しておくべきだと考え、大人になってから2級から順に1級まで取得しました。生徒への指導経験もあります。英検や漢検と違って情報が少ないのが数検の悲しいところです。

スポンサーリンク

数検を受験するメリット

学校での勉強の習熟度を確認できる

数検は

5級→中学1年生程度

4級→中学2年生程度

3級→中学3年生程度

準2級→高校数学IA程度

2級→高校数学IIB程度

準1級→高校数学III+α程度

という形で、各級が学年・科目に対応しています。中学生は学年に対応した級を、高校生は各科目履修後に対応した級を受験することで習熟度を確認することができます。

中学生は卒業までに3級、高校生は2級まで取得することを目指すのがいいと思います。準1級は学校で習う数学以上のものが出題されるので、興味があれば勉強してみるといいと思います。

「考える」問題に取り組むことができる

数検は1次「計算技能検定」、2次「数理技能検定」という構成となっています。1次は計算問題、2次は文章問題です。1次は学校の教科書で対策をすることができますが、2次は「考える」ことが重視されている文章問題になりますので、基本をきちんと理解した上で、文章から考察しなければいけません。

数検に合格するためには、基本+考える力(応用力)が必要となってくるので、効率よく考える力を育むことができます。

受験に有利

多くの高校、大学、短期大学、専門学校で数検の資格を評価してもらえます。(書類選考で加点されることが多い)ただ資格を持っていればいいのではなく、各学校によって基準が決められています。

高校→3級以上の取得を評価

大学→2級以上の取得を評価

短大・専門学校→準2級以上の取得を評価

と定められていることが多いようです。

履歴書に書くことができる

高校生までに2級を取得しておけば、就職活動次の履歴書に「数学検定2級 取得」と記載することができます。(それ以下の級は書いてもあまり意味がありません。)

高校数学をきちんと勉強してきたことの証になりますので、2級までは取得しておくことをオススメいたします。

スポンサーリンク

数検の勉強法

学校の教科書の問題を解く

教科書レベルでわからないものがあったら解けるようにしておきましょう。教科書の問題が全て解ければ、1次試験の問題は満点を取ることができます。

数検向けの問題集を解く

2次試験を数検向けのテキストで対策しましょう。数検独特の問題も出題されますので、数検向けのテキストを解くことで高得点合格を目指せます。

スポンサーリンク

数検向けのオススメ問題集

 受かる!数学検定シリーズ(問題集)

学研教育出版から発売されている問題集です。私自身が数検を取得する際もこちらの問題集を使って勉強しました。高校で生徒に指導をする際も、この問題集を買わせています。こちらの問題集のいいところは、「とにかく薄い!」「とにかくポイントがまとまっている!」という点です。他の出版社から出ている問題集もありますが、それらと比較してもこちらの問題集は最も効率よく勉強することができると感じています。

created by Rinker
¥1,100 (2020/07/11 11:35:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,100 (2020/07/11 11:35:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,100 (2020/07/11 15:06:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,100 (2020/07/11 11:35:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2020/07/11 15:06:44時点 Amazon調べ-詳細)

受かる!数学検定シリーズ(過去問題集)

最初に紹介した問題集の、過去問題集版です。こちらは過去問題集なので、どこの出版社で買っても同じなのですが、解説がすごく丁寧なのでやはり1番好きです。

created by Rinker
¥880 (2020/07/11 15:06:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥880 (2020/07/11 00:59:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥880 (2020/07/11 15:06:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥990 (2020/07/11 06:11:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,100 (2020/07/11 00:59:32時点 Amazon調べ-詳細)

実用数学検定要点整理(問題集)

数学検定を主催している日本数学検定協会が出版している問題集です。こちらも要点がよく整理されていて使いやすいです。量が多めになっているので、たくさん勉強したいよ!という方はこちらを使用するのもいいかもしれません。

created by Rinker
¥1,320 (2020/07/11 00:59:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2020/07/11 06:11:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2020/07/11 01:21:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2020/07/11 06:11:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2020/07/11 01:21:25時点 Amazon調べ-詳細)

Z会Asteria

実はこちら私自身が受講しています。数検でいうと5級から準1級までの内容が学習できます。かなり良い教材なので、単独で記事にしています。おすすめです。

オンライン家庭教師よりもZ会Asteria!現役教師おすすめオンライン教材。
コロナウイルスにより時間にゆとりができたため、調査も兼ねてオンライン学習教材で勉強を始めようとZ会Asteria(アステリア)を申し込みました。どちらもオンライン家庭教師とは違い、自分の好きな時間に自分で勉強できるオンライン学習教材です。...
スポンサーリンク

英検も受験しよう!

英検のオススメ参考書はこちらに載せています。
スポンサーリンク

まとめ

  • 中学生は卒業までに3級、高校生は2級まで取得しよう
  • 数検を受けるメリットはたくさんある
  • まずは教科書、そのあと数検向けテキストで対策しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました